高速鉄道の歴史を知ろう

日本の高速鉄道の歴史

日本の高速鉄道を語るうえで欠かすことができないのが新幹線です。戦後から新幹線設立の建設計画が出て、東海道新幹線の建設が始まりました。昭和33年に建設の閣議が決定されて、昭和34年に東海道新幹線の工事の着工が始まりました。夢の超特急プロジェクトは東京オリンピックに合わせて、東京と大阪を結ぶ東海道新幹線の建設計画として工事が進んでいきました。

その後1964年の昭和39年10月1日に、東京と新大阪間の東海道新幹線が開業し、多くの人を輸送することに成功しました。丁度この年に東京オリンピックが開催されました。その後昭和42年には、山陽新幹線の工事が着工されました。さらにそれから4年後の昭和46年、東北・上越新幹線の工事が着工をしました。平成元年になると、北陸新幹線の工事が着工されました。

現在では北海道新幹線も開業し、北は函館にある「新函館北斗駅」、南は鹿児島県にある「鹿児島中央駅」まで新幹線が走っています。多くの人が安心してサービスを利用することができて、短時間で目的地まで行き来することができるのが新幹線の魅力です。現在北海道新幹線、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線の各路線が全国に張り巡らされています。